和食用語「掻き身」

  

掻き身(かきみ)

(1)白身魚のそぎ身

(2)かき身造り
中骨、サク・節の端などの余り身を包丁の峰や匙でこそげ取り刺身にする。正式には使えないものなので、ひと工夫して前盛りなどにする。


掻敷 掻式 懐石 会席料理
皆具 海藤花 開炉 貝塚煮
貝取り 掻き身 柿卵 覚弥
隠し 霞汁 割烹 香子
紙塩 紙鍋 唐草 空蒸し
唐芋転がし 辛子揚げ 皮鱠 皮霜
皮作り 川千鳥 替り鉢 丸(がん)
岩石 観音開き 甘露煮 かっこ
皮てんぷら 寒干し大根 柿酢 堅豆腐


著者:手前板前 魚山人