和食用語「百一漬け」



百一漬け(ひゃくいちづけ)

古典的なナスの漬物。

標準は、
・一斗樽に約100個のナス
・2日乾燥させる
・12%の塩、麹を6カップ、焼きミョウバン小さじ1
・赤唐辛子を加えて15キロの重石をする

簡単に漬ける方法として、塩を倍量の水で煮溶かしたものを冷まし、みょうばんを加えたもので漬ける方法もある。赤とうがらしと、好みで砂糖も加える。

100日くらい漬けるのでこの名前がある。
干大根と糠で漬けるものは「百一沢庵


火入れ 火加減 控え重 光り物
彼岸 引き菓子 挽茶 引き作り
引き切り 引皮作り 引き筒
菱型 菱餅 びしょ玉 翡翠
氷頭鱠 浸し豆 浸し物 びっくり水
引越し蕎麦 火取る ひね漬け 日の出
捻り胡麻 姫飯 姫皮 百一漬け
冷やし吸物 冷奴 平串
平作り 飛龍頭 鰭塩 広蓋




手前板前.魚山人:The person who wrote this page筆者:文責=手前板前.魚山人