和食用語「火加減」

  

火加減(ひかげん)

加熱調理の際に火力を調整する事。

煮物、汁物、蒸し物、焼き物、揚げ物、すべてにおいて火加減は最も重要な料理のポイントになる。
特に煮物、汁物は、一度煮立ったら必ず火加減を調整しないと料理としての体をなさない失敗作となる。その他の加熱料理も多かれ少なかれ同じである。

以下も参照
 強火、中火、弱火とは


火入れ 火加減 控え重 光り物
彼岸 引き菓子 挽茶 引き作り
引き切り 引皮作り 引き筒
菱型 菱餅 びしょ玉 翡翠
氷頭鱠 浸し豆 浸し物 びっくり水
引越し蕎麦 火取る ひね漬け 日の出
捻り胡麻 姫飯 姫皮 百一漬け
冷やし吸物 冷奴 平串
平作り 飛龍頭 鰭塩 広蓋


著者:手前板前 魚山人