和食用語「火入れ」

  

火入れ(ひいれ)

調味料や料理の変質腐敗を防ぐ為の加熱。

一般に火入れは日持ちをさせる為に行う。

調味料系は沸騰させない様に過熱。

料理系も煮沸に注意する。

肉類の臭みを抜く目的で火を入れることもある。


火入れ 火加減 控え重 光り物
彼岸 引き菓子 挽茶 引き作り
引き切り 引皮作り 引き筒
菱型 菱餅 びしょ玉 翡翠
氷頭鱠 浸し豆 浸し物 びっくり水
引越し蕎麦 火取る ひね漬け 日の出
捻り胡麻 姫飯 姫皮 百一漬け
冷やし吸物 冷奴 平串
平作り 飛龍頭 鰭塩 広蓋


著者:手前板前 魚山人