和食用語「姫飯」

  

姫飯(ひめいい)

蒸して作る「こわめし」に対し、釜で炊いた飯を指す古い言葉。

※強飯(こわめし)
現在は「あずきやささげを混ぜたもち米を蒸したもの」を指すようになっているが、元々はコメを蒸籠で蒸したものを意味する。炊く場合はお粥にするのが通常であった。


火入れ 火加減 控え重 光り物
彼岸 引き菓子 挽茶 引き作り
引き切り 引皮作り 引き筒
菱型 菱餅 びしょ玉 翡翠
氷頭鱠 浸し豆 浸し物 びっくり水
引越し蕎麦 火取る ひね漬け 日の出
捻り胡麻 姫飯 姫皮 百一漬け
冷やし吸物 冷奴 平串
平作り 飛龍頭 鰭塩 広蓋


著者:手前板前 魚山人