和食用語「火取る」

  

火取る(ひどる)

広い意味では材料を火であぶる事。

通常は中心まで加熱せず外側だけを炙ること。

旨味を引き出し香ばしさを加える。

遠火で乾かすようにさっと焼くのがコツ。

湯葉、麸、カラスミなどに用いる。


火入れ 火加減 控え重 光り物
彼岸 引き菓子 挽茶 引き作り
引き切り 引皮作り 引き筒
菱型 菱餅 びしょ玉 翡翠
氷頭鱠 浸し豆 浸し物 びっくり水
引越し蕎麦 火取る ひね漬け 日の出
捻り胡麻 姫飯 姫皮 百一漬け
冷やし吸物 冷奴 平串
平作り 飛龍頭 鰭塩 広蓋


著者:手前板前 魚山人