和食用語「倶利伽羅焼き」



倶利伽羅焼き(くりからやき)

串焼きのひとつ。

倶利伽羅とは不動明王が右手に持つ、竜が巻きつき炎に包まれた倶利伽羅剣のことを意味する。この剣自体が不動明王の化身とされ「倶利伽羅竜王」などと呼ばれ礼拝される。

その剣に似せた焼き物で、鯛のヒレを金串に巻きつけるようにして焼くもの。小さなウナギを巻きつけてタレ焼きにするものもある。

儀式の膳など特別な焼き物であり、一般にはあまり見るものではない。


食い味 喰い合わせ 喰い切り
喰い初め 喰積み 空也 釘入り
串打ち 櫛形切り
葛餡 葛打ち 葛切り 葛鯛
葛取り 葛葡萄 葛寄せ 具足
口替り 口取り 口切り
鞍掛 倶利伽羅焼き 栗名月 黒文字
黒づくり 鍬焼き