和食用語「口」



口(くち)

吸い口の事。

お椀ものに浮かべる香気付けである。

柚子、木の芽、生姜、茗荷、ふきのとう、ねぎ、わさび、溶き芥子など季節にあったものを椀種、つまとのバランスを考えて選び、汁を張る前に天にのせておく。


食い味 喰い合わせ 喰い切り
喰い初め 喰積み 空也 釘入り
串打ち 櫛形切り
葛餡 葛打ち 葛切り 葛鯛
葛取り 葛葡萄 葛寄せ 具足
口替り 口取り 口切り
鞍掛 倶利伽羅焼き 栗名月 黒文字
黒づくり 鍬焼き