和食用語「鍋肌」



鍋肌(なべはだ)

調理中に香味をつける目的で調味料を加えるときは「鍋肌から入れる」ことが多い。縁から伝わせるように調味料を鍋肌に触れさせることで、急激に加熱されて香りが出て料理に移るためである。
つまり、鍋肌とは鍋の内側の側面のことである。


直し 流し物 流し缶 ながれこ
名残 梨割 菜種和え 菜種蒸し
納豆焼き 七草 なべ 鍋下
鍋返し 鍋地 鍋鴨 鍋止め
鍋肌 生揚げ 生代わり 鱠・膾
生出汁 生出来 生身 生利節
並時雨 菜飯 なめる 嘗味噌
名吉 鳴門 納屋汁 南禅寺
難波 南蛮 南部