和食用語「鍋止め」

  

鍋止め(なべどめ)

・煮物を煮汁に浸けておくこと。

・煮上がった煮物を鍋から出さず、そのまま冷ましておくこと。

いずれ場合でも味を深く含ませるのが目的である。

※上のような理由ではなく、ものぐさからそのまま鍋に料理を入れて置くのは料理人失格である。作った料理は別容器に移し、使った鍋はただちに洗うのが調理人の常識。


直し 流し物 流し缶 ながれこ
名残 梨割 菜種和え 菜種蒸し
納豆焼き 七草 なべ 鍋下
鍋返し 鍋地 鍋鴨 鍋止め
鍋肌 生揚げ 生代わり 鱠・膾
生出汁 生出来 生身 生利節
並時雨 菜飯 なめる 嘗味噌
名吉 鳴門 納屋汁 南禅寺
難波 南蛮 南部


著者:手前板前 魚山人