和食用語「鍋返し」

  

鍋返し(なべがえし)

フライパンを振るように鍋の向こう側を起こして振り動かし、材料を上下させることを鍋返しという。

少ない煮汁で煮る煮転がしなどに、平均してむらなく味が回るようにするのが目的。

野菜が中心であり、煮崩れしやすい魚などでやる場合は鍋回しに。

鍋回し(なべまわし)

鍋返しをすると崩れる煮物などは揺すりまわす。


直し 流し物 流し缶 ながれこ
名残 梨割 菜種和え 菜種蒸し
納豆焼き 七草 なべ 鍋下
鍋返し 鍋地 鍋鴨 鍋止め
鍋肌 生揚げ 生代わり 鱠・膾
生出汁 生出来 生身 生利節
並時雨 菜飯 なめる 嘗味噌
名吉 鳴門 納屋汁 南禅寺
難波 南蛮 南部


著者:手前板前 魚山人