和食用語「魚素麺」

  

魚素麺(うおぞうめん)

白身魚のすり身(しんじょ地)をそうめん状に作ったもの。
「ぎょぞうめん」と読む場合もある。
すり身に卵黄、またはウニや茶、梅で色・風味をつけてもよい。

・柔らかめの地を作る

・地を引き筒に入れる

・鍋に煮立てた沸騰湯を箸で回し渦にする

・渦の上にすり身を突き出して流す

・固まったら玉杓子などで取り出し水に放つ

・冷めたらすぐにザルにあげて水を切る


魚鋤 魚煎餅 魚素麺 魚麺
魚麩 浮かし 浮き粉 鰻作
宇治 薄板 薄墨
埋み火焼き 薄雪 打つ うねり
卯の花 梅椀 梅醤 裏白
裏白揚げ 裏肉 鱗切り 雲州和え
雲仙和え 雲片


著者:手前板前 魚山人