和食用語「梅椀」

  

梅椀(うめわん)

梅椀は、和食のメインになる「椀盛」の代表的な献立。

五種類の椀種を大ぶりの椀に盛る。
塩茹での才巻海老、だし巻き(又は湯取り卵)、鯛の塩焼(又は鶏のササミ)、椎茸、梅人参、青みの鶯菜や春菊などを薄味でそれぞれに煮含めておき、椀で盛り合わせる。吸い地を張って口に柚子や木の芽を。
それぞれの種の特徴に合った煮方をし、出来るだけ素材をいかす、形を残すような包丁をしておく。


魚鋤 魚煎餅 魚素麺 魚麺
魚麩 浮かし 浮き粉 鰻作
宇治 薄板 薄墨
埋み火焼き 薄雪 打つ うねり
卯の花 梅椀 梅醤 裏白
裏白揚げ 裏肉 鱗切り 雲州和え
雲仙和え 雲片


著者:手前板前 魚山人