和食用語「薄板」

  

薄板(うすいた)

魚肉を包んで鮮度保持、あるいは下に敷いて水切りしたり、鍋の底に敷いて張り付きを防ぐ用途に使う。また、落し蓋代わりに煮汁の上にかぶせたりする、杉やヒノキを薄く紙状にした板のことで、「経木(きょうぎ)」ともいう。

市場や菓子店で包装用にも使われる。

最近は木製ではない合成加工紙が多くなっている。


魚鋤 魚煎餅 魚素麺 魚麺
魚麩 浮かし 浮き粉 鰻作
宇治 薄板 薄墨
埋み火焼き 薄雪 打つ うねり
卯の花 梅椀 梅醤 裏白
裏白揚げ 裏肉 鱗切り 雲州和え
雲仙和え 雲片


著者:手前板前 魚山人