焼き付け  

焼き付け(やきつけ)

完成した料理に焼き目を入れること。
「焼き目」と同じ意味。

焼き目がアクセントになって完成度が上がり、食欲をそそる仕立てになる。照り焼きや松風などがその例で、昔ながらの手法としてミリンを塗ってもうひと焼きするというものがある。現在は料理用のバーナーを使うことが多い。

特殊な例として、熱した金串を表面に当てて焼き目を入れるやり方もある。材料はイカなど。これは焼きゴテで焼き印を押すのに似た仕方で、「焼き目作り」ともいう。

 




Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.