焼き松茸  

焼き松茸(やきまつたけ)

略して「焼き松」と呼ぶ。
直火焼きの他、焙烙や紙・ホイル包みの蒸し焼き、炒り焼きなど様々な焼き方がある。

一般的には直火焼きが主流で、大きく分けて関東風と京都風の焼き方がある。
江戸風は、裂いた松茸をミリン醤油にすだち汁を加えた液につけながら焼き、京風は、薄塩をしてから焼き、ポン酢や割だしで食べる。

 




Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.