お数  

お数(おかず)

「菜(おかず)」の字を当てることもある。

主食を米飯として、飯に合う副食すべてをさすので「総菜」とも言う。

古くは主たる菜を真菜といい、これは魚のことであり、野菜のことを蔬菜という。

関東では「お惣菜(おそうざい)」

大阪、京都では「大晩菜(おばんさい)」
(京都では夕餉以外は「おそよ」)

 




Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.