和食用語「鯛茶」

  

鯛茶(たいちゃ)

鯛茶漬け」ともいう。
新鮮な鯛の身を使ったお茶漬けである。

鯛の身をそぎ切りにしご飯にのせ、熱い茶をかける。山葵ときざみ海苔も加える。

一般的にそぎ身に胡麻醤油で下味をつけてからののせることが多い。

お茶は煎茶、またはほうじ茶や番茶。
玉露の粉茶を用いることもある。


大安寺汁 鯛兜 大学芋 鯛蕪
鯛飯・鯛ご飯 鯛茶 鯛ちり 大徳寺納豆
大徳寺麸 鯛南蛮 台の物 鯛味噌
大名焼き 鯛麺 台盛り 高砂和え
鷹の羽弁当 宝煮・宝蒸 滝川豆腐 焚き合わせ
竹焼き 竹鍋 竹卵 竹虎椀
田吾作料理 田毎蒸し 襷落とし 手綱
叩き 橘卵 竜田 伊達側
玉子の素 玉締め 玉地 玉酒・玉割
玉味噌 俵煮 丹波


著者:手前板前 魚山人