和食用語「鯛兜」

  

鯛兜(たいかぶと)

タイの頭を丸ごと使用する料理に用いる名称。
その形が武士の兜に似ているのでこう呼ばれる。

代表的な献立が「鯛の兜煮」
醤油味で仕上げ、木の芽や柚子を天盛する。

鯛の兜焼き

鯛の頭を切り離さずに開いて薄塩で焼く。
盛り付ける際、薄い汁を張ることもある。


大安寺汁 鯛兜 大学芋 鯛蕪
鯛飯・鯛ご飯 鯛茶 鯛ちり 大徳寺納豆
大徳寺麸 鯛南蛮 台の物 鯛味噌
大名焼き 鯛麺 台盛り 高砂和え
鷹の羽弁当 宝煮・宝蒸 滝川豆腐 焚き合わせ
竹焼き 竹鍋 竹卵 竹虎椀
田吾作料理 田毎蒸し 襷落とし 手綱
叩き 橘卵 竜田 伊達側
玉子の素 玉締め 玉地 玉酒・玉割
玉味噌 俵煮 丹波


著者:手前板前 魚山人