和食用語「台盛り」



台盛り(だいもり)

盛り合わせる刺身の主役になる切り身(作り身)を台盛りという。

主役とは鯛や鮃、鮪などを美しく引いたものを指す。

掻き身や細作りの刺身、小魚など、添えに使うようなものは台盛りにならない。

台(だい)

煮物などの盛り付け用語で、「枕(まくら)」ともいう。

料理を器に寄せ盛りする際に、最初に配置する土台的なものが台である。これに寄り添う形で次を盛る。


大安寺汁 鯛兜 大学芋 鯛蕪
鯛飯・鯛ご飯 鯛茶 鯛ちり 大徳寺納豆
大徳寺麸 鯛南蛮 台の物 鯛味噌
大名焼き 鯛麺 台盛り 高砂和え
鷹の羽弁当 宝煮・宝蒸 滝川豆腐 焚き合わせ
竹焼き 竹鍋 竹卵 竹虎椀
田吾作料理 田毎蒸し 襷落とし 手綱
叩き 橘卵 竜田 伊達側
玉子の素 玉締め 玉地 玉酒・玉割
玉味噌 俵煮 丹波