和食用語「焼き付け」

  

焼き付け(やきつけ)

完成した料理に焼き目を入れること。
「焼き目」と同じ意味。

焼き目がアクセントになって完成度が上がり、食欲をそそる仕立てになる。照り焼きや松風などがその例で、昔ながらの手法としてミリンを塗ってもうひと焼きするというものがある。現在は料理用のバーナーを使うことが多い。

特殊な例として、熱した金串を表面に当てて焼き目を入れるやり方もある。材料はイカなど。これは焼きゴテで焼き印を押すのに似た仕方で、「焼き目作り」ともいう。


八重作り 焼き栗 焼き板 焼き霜
焼き生姜 焼き白玉 焼き付け 焼き膾
焼き松茸 焼き葱 焼き場 焼き味噌
薬研 野菜餡 鑢目 矢鱈漬け
八床鍋 やっちゃ場 宿借り盛り 柳川鍋
矢羽根 山芋 山鯨
山蛙 山路和え 山吹 山河豚
八幡巻き 柔らか煮


著者:手前板前 魚山人