和食用語「山芋」



山芋(やまいも)

ヤマノイモ(薯蕷)は、天然種であるジネンジョから、栽培の大和芋、長芋、銀杏芋、つくね芋などがあり、これらは使う料理には、「山」や「芋」、もしくは「とろろ」の名称を使う。山は山芋の略、とろろは、すりおろした芋の感じがとろとろしている事から。

とろろ

おろした山芋、また、それを直接または汁などを介して食べるもの。

献立には、とろろを吸地や味噌汁でのばした汁物の【とろろ汁】、小鉢にとろろを入れて黄身を落としした【月いも】など。そばつゆに入れるタイプのそばは【とろろ蕎麦】

山掛け(やまかけ)

ご飯や料理の上にとろろをかけるもの。

【鮪のやまかけ】がよく知られ、これは【やまかけ丼】の一つである。蕎麦の上に載せてあれば【やまかけ蕎麦】


八重作り 焼き栗 焼き板 焼き霜
焼き生姜 焼き白玉 焼き付け 焼き膾
焼き松茸 焼き葱 焼き場 焼き味噌
薬研 野菜餡 鑢目 矢鱈漬け
八床鍋 やっちゃ場 宿借り盛り 柳川鍋
矢羽根 山芋 山鯨
山蛙 山路和え 山吹 山河豚
八幡巻き 柔らか煮