和食用語「山鯨」

  

山鯨(やまくじら)

イノシシの隠語。肉をボタン肉という。

獣肉食がタブーだった時代、四つ足の動物を食用として扱う場合は隠語を使って人々の目を逃れていて、猪の場合は魚の一種として食用が認められていたクジラの名をかたった。


八重作り 焼き栗 焼き板 焼き霜
焼き生姜 焼き白玉 焼き付け 焼き膾
焼き松茸 焼き葱 焼き場 焼き味噌
薬研 野菜餡 鑢目 矢鱈漬け
八床鍋 やっちゃ場 宿借り盛り 柳川鍋
矢羽根 山芋 山鯨
山蛙 山路和え 山吹 山河豚
八幡巻き 柔らか煮


著者:手前板前 魚山人