和食用語「真魚」

  

真魚(まな)

御膳にのせる魚という意味。
あるいは「真の菜」、つまり主菜を意味する「真菜」。
いずれにしても魚のことである。
「まな板」もこれに由来し、古くは「まな始め」、「まな祝い」など、幼児に初めて魚を食べさせる儀式もあった。

ちなみに真菜(魚)ではない菜を蔬菜といい、これは野菜類などを意味する。

真菜箸(まなばし)

料理用の鉄箸で一般には『盛り箸』という。
儀式用の箸は『真魚箸』と表記し、矢に奉書を巻いて水引きでとめ、箸とする。
魚体に一切触れずに、真魚箸と式包丁だけを使って魚を捌くのが包丁式。


舞子丼 前褄 前盛り 巻き柿
巻き独活 巻き簾 巻きずし 巻き蒸し煮
巻き焼き 枕褄 枕飯 真砂
混ぜご飯 混ぜ浸し 混ぜ盛り 松浦漬け
松笠 松風焼き 松皮 松茸豆腐
松葉 松前 真魚 俎板
真蒸し まぶし造り 飯借り 豆金団
豆ご飯 丸十 丸解き
丸前角向 丸剥き 万年煮 万年酢


著者:手前板前 魚山人