和食用語「まぶし造り」

  

まぶし造り(まぶしづくり)

お造りの用語。

節や柵にした魚の身を刺身に引くと、両端の筋の荒い部分や形にならない箇所、いわゆる「切れ端」「てくず」が出る。これに薬味や調味料などを加えて和え物ふうにすること。中落ちをかいた「掻き身」も加えるケースがある。

最近はこれを積極的に活用した「軍艦巻き」とか「海鮮丼」などがよく見られる。


舞子丼 前褄 前盛り 巻き柿
巻き独活 巻き簾 巻きずし 巻き蒸し煮
巻き焼き 枕褄 枕飯 真砂
混ぜご飯 混ぜ浸し 混ぜ盛り 松浦漬け
松笠 松風焼き 松皮 松茸豆腐
松葉 松前 真魚 俎板
真蒸し まぶし造り 飯借り 豆金団
豆ご飯 丸十 丸解き
丸前角向 丸剥き 万年煮 万年酢


著者:手前板前 魚山人