和食用語「真砂」



真砂(まさご)

真砂とは細かい砂を意味する。
これにちなんで、細かな粒状に仕立てた献立に真砂の名称をつけたもので、「真砂和え」「真砂揚げ」などがある。

数の子、タラコ、カラスミ等の薄皮を剥いでバラバラにほぐし、酒や味醂で下味したもの、フナの卵を塩ゆでしてバラしたものや、ゴマ、ケシ、新挽き粉などを衣にし、揚げたり和えたりする。


舞子丼 前褄 前盛り 巻き柿
巻き独活 巻き簾 巻きずし 巻き蒸し煮
巻き焼き 枕褄 枕飯 真砂
混ぜご飯 混ぜ浸し 混ぜ盛り 松浦漬け
松笠 松風焼き 松皮 松茸豆腐
松葉 松前 真魚 俎板
真蒸し まぶし造り 飯借り 豆金団
豆ご飯 丸十 丸解き
丸前角向 丸剥き 万年煮 万年酢