松風焼き 【和食用語集】 

松風焼き(まつかぜやき)

たんに「松風」ともいう。
表面にケシの実をふって焼く焼き物。
代表的なものが鶏のひき肉を天火焼きにした「鶏の松風」で、ケシの実の代わりにゴマを使うこともある。正月には縁起の良い形(末広など)に型抜して、おせち料理に使用する。

松風という名称は、「表は賑やかだが、裏は寂しい松風」に因んだもの。

 

 

 

  Copyright © 2019 手前板前. All Rights Reserved.