和食用語「真蒸し」

  

真蒸し(まぶし)

あるいは「間蒸し」と書いてマムシと読む。
「まぶし」「まむし」とはウナギご飯のことであり、もしくはウナギの蒲焼を、さらにウナギそのものを意味する関西方面の言葉。

毒蛇の名を想わせる「まむし」という語はあまり使われなくなってきたが、今でもこの呼び方をする人は少なくない。


舞子丼 前褄 前盛り 巻き柿
巻き独活 巻き簾 巻きずし 巻き蒸し煮
巻き焼き 枕褄 枕飯 真砂
混ぜご飯 混ぜ浸し 混ぜ盛り 松浦漬け
松笠 松風焼き 松皮 松茸豆腐
松葉 松前 真魚 俎板
真蒸し まぶし造り 飯借り 豆金団
豆ご飯 丸十 丸解き
丸前角向 丸剥き 万年煮 万年酢


著者:手前板前 魚山人