和食用語「微塵切り」

  

微塵切り(みんじぎり)

材料を極めて細かくする切り方。
慣用的に「細かくする」の意で「叩く」と言うことが多く、材料によっては「打つ」ともいう。

一般的に、千切りや細切りにして横に置き、それを小口から切っていく。
薬味や和え物、椀種、蒸し物などに使い、用途に合わせて切るサイズを変えることもある。

みじん柚子

柚子の皮を薄く切り取り、それを千切りにし、繊維を断ち切るように小口から包丁する。


身洗い みがき 三日月型 微塵切り
水洗い 水炊き 水菓子 水切り蒸し
水葛揚げ 水塩 水炊き 水出汁
水玉切り 水餅 水物 味噌料理
見立て盛り 御手洗 緑和え
湊切り 峰扱き 宮島


著者:手前板前 魚山人