和食用語「味噌料理」

  

味噌料理(みそりょうり)

味噌を使った料理、食品。
非常に種類が多いが、以下のようなものが代表例。

味噌漬け

酒などを混ぜ加えた味噌で、野菜・魚介・肉類を漬けこんだもの。

味噌漬け焼き

味噌、あるいは酒粕や麹を酒や味醂で調味して床を作り、その床に材料を漬け込んでから焼いたもの。

味噌煮

材料を味噌味で煮たもの。
味噌が生臭みを抜くので、クセのあるサバやイワシなどの青魚に向いている。
味噌を酒、味醂でのばしておき、酒と水で煮立てた煮汁に加えて煮あげる手法が一般的。
名古屋名物の「味噌煮込みうどん」は、だしをきかせた汁に八丁味噌を溶き入れてうどんを煮込んだもの。

味噌汁

だしに材料を加えて味噌を溶き入れる汁物。
仕立て方だけで10種類を超え、日本各地にそれぞれの味がある、和食を象徴する料理。

その他

「みそ蒸し」「みそ炒め」「みそ和え」「たい味噌」「なめみそ」「ゆず味噌」「てっか味噌」「とり味噌」「しぐれ味噌」「味噌でん」「味噌きんとん」など多数。


身洗い みがき 三日月型 微塵切り
水洗い 水炊き 水菓子 水切り蒸し
水葛揚げ 水塩 水炊き 水出汁
水玉切り 水餅 水物 味噌料理
見立て盛り 御手洗 緑和え
湊切り 峰扱き 宮島


著者:手前板前 魚山人