和食用語「結解料理」

  

結解料理(けつげりょうり)

奈良東大寺で作った日本最古の精進料理。

豆腐、餅、素麺、小豆などを材料に、様々な料理を作っていたようである。「初献」「二献」「三献」とあるように、酒を楽しむような構成であり、吸物から饅頭まである結構豊富な献立になっていて、2時間ほどかけて食べるというもの。


鶏卵素麺 化粧塩 化粧水 化粧笹
下駄作り 月冠 結解料理 蹴飛ばし
粥の汁 けば・照り 毛焼き けら地
けん 玄海漬け げんべら 巻繊
けんちん地 巻繊揚げ 巻繊汁 巻繊蒸し
健抜き 源平


著者:手前板前 魚山人