和食用語「山水盛り」

  

山水盛り(さんすいもり)

山と川を表現する盛り付け方。

奥に山を配置し、そこから海に流れるように川を配置する。
例えばやや左奥に杉盛りや重ね盛りを置いて山とし、手前にイカの糸作りなどを置いて川にする。
仕上げにつまをあしらい、辛味を添える。


西京簾 西京味噌 再進 菜箸
菜盛り椀 酒煎り
酒蒸し 酒焼き 鷺不知 先附
ざく 桜煎り 桜粥
桜煮 桜干 桜飯 桜蒸し
桜湯 酒八方 ささら
さしこみ さしこ 差し身 鯖市松焼
座禅豆 作法椀 莢豌豆 さらしな
更紗 さんが 三色膾 三尺菜
山水盛り 三度豆 三杯出汁 三平汁
三の膳


著者:手前板前 魚山人