枕飯  

枕飯(まくらめし)

亡くなった人の枕元に供えるご飯。

「まくらご飯」「仏しゃり」「一杯飯」「枕許飯」「枕つき飯」など、様々な言い方がある。

死者の使用していた箸と茶碗に、ご飯を山盛りにし、箸を二本刺すように立てる。不祝儀の様式なので、日常でこれをしないように注意する。

 




Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.