真魚  

真魚(まな)

御膳にのせる魚という意味。
あるいは「真の菜」、つまり主菜を意味する「真菜」。
いずれにしても魚のことである。
「まな板」もこれに由来し、古くは「まな始め」、「まな祝い」など、幼児に初めて魚を食べさせる儀式もあった。

ちなみに真菜(魚)ではない菜を蔬菜といい、これは野菜類などを意味する。

真菜箸(まなばし)

料理用の鉄箸で一般には『盛り箸』という。
儀式用の箸は『真魚箸』と表記し、矢に奉書を巻いて水引きでとめ、箸とする。
魚体に一切触れずに、真魚箸と式包丁だけを使って魚を捌くのが包丁式。

 




Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.