まぶし造り  

まぶし造り(まぶしづくり)

お造りの用語。

節や柵にした魚の身を刺身に引くと、両端の筋の荒い部分や形にならない箇所、いわゆる「切れ端」「てくず」が出る。これに薬味や調味料などを加えて和え物ふうにすること。中落ちをかいた「掻き身」も加えるケースがある。

最近はこれを積極的に活用した「軍艦巻き」とか「海鮮丼」などがよく見られる。

 




Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.