和食用語「赤飯」

  

赤飯(せきはん)

祝い事に使う飯で、今は「おこわ」と同義。

不祝儀には小豆を黒豆に代える。

もち米とその1割程度の小豆を使用して蒸すか、あるいは炊いて作る。

先に小豆を破れないように弱火で煮て、煮汁にもち米を浸け、蒸籠で打ち水をしながら小一時間蒸す。時間を短縮するために炊く場合はもち米に米を混ぜるとよい。


青藍海苔 清涼殿蒲鉾 赤飯 背越し
節味噌 雪花和え 節句蕎麦 節句
雪平 銭形切り 膳置き
千切り 前菜 善哉 船場汁
千本揚げ 扇面切り 千六本 千松


著者:手前板前 魚山人