和食用語「千切り」

  

千切り(せんぎり)

野菜を細長く切る最も一般的な手法。

まず2~3寸高さに切り揃えて薄切りにし、それを重ねて縦から細く刻む。

刻み幅により「荒せん」「中せん」「極せん」「針せん」の種類がある。


青藍海苔 清涼殿蒲鉾 赤飯 背越し
節味噌 雪花和え 節句蕎麦 節句
雪平 銭形切り 膳置き
千切り 前菜 善哉 船場汁
千本揚げ 扇面切り 千六本 千松


著者:手前板前 魚山人