和食用語「小袖」

  

小袖(こそで)

小袖とは着物の小袖の形や柄に見立てた模様を表現した切り方や料理である。

小袖切り

大根などを四角柱に木どり、それを台形にしたり、一箇所の角を丸くして山形になるように整形し、小口から適当な厚さに切る。椀種などに使う切り方。

小袖大根

大根の甘酢漬けで着物の袖の柄を表現した料理。
輪切りにした大根を立て塩でしんなりさせ甘酢に漬けたもので、様々な具をはさんで二つ折りにする。
具はカニ、エビのほぐし身の他、季節の銀杏や栗、きのこなどを使い、木の芽など青味を加える。


子・卵 濃口八方 鯉濃
鯉の洗い 碁石作り 甲州煮 香辛料
香草焼き 鴨頭 香煎
香の物 紅白膾蒸し 甲羅返し 光淋の松
氷鉢盛り 氷彫刻 黄金 小串
濃漿 小口 焦げ湯 御講汁
五三の盛り 漉し器 小吸い物
五色 御膳 小袖 骨料理
小付け 塾し 小鍋仕立て 木の葉
小鉢 駒板 胡麻 小町和え
小町作り 殺す 五味 献立
菰豆腐 権蔵鍋


著者:手前板前 魚山人