和食用語「焦げ湯」

  

焦げ湯(こげゆ)

懐石料理の最後に出る湯桶の別名である。

煎った米とおこげ(湯の子)にお湯を注ぎ、塩を少量加える。(元々は釜底のおこげを炙ったものだけを使っていた)

同時に出される香物を利用して椀をきれいにする。


子・卵 濃口八方 鯉濃
鯉の洗い 碁石作り 甲州煮 香辛料
香草焼き 鴨頭 香煎
香の物 紅白膾蒸し 甲羅返し 光淋の松
氷鉢盛り 氷彫刻 黄金 小串
濃漿 小口 焦げ湯 御講汁
五三の盛り 漉し器 小吸い物
五色 御膳 小袖 骨料理
小付け 塾し 小鍋仕立て 木の葉
小鉢 駒板 胡麻 小町和え
小町作り 殺す 五味 献立
菰豆腐 権蔵鍋


著者:手前板前 魚山人