和食用語「黄飯」

  

黄飯(おうはん)

くちなしの実で色付け、塩味で炊いた黄色いご飯。

赤飯の小豆代わりにクチナシを使ったものと伝わり、大分県の郷土料理でもある。禅宗でよく用いられる。


追肴 追い鰹 桜花真薯 扇串
桜花漬 黄飯 おうな 大草流
大串 大阪漬け 大阪ずし 大星
大村ずし おかあげ おかか お数
岡辺 お亀 陸混ぜ 陸盛り
沖料理 興津鯛 お切込
沖縄料理 小倉 お事汁 御強
お座付き 折敷 お酢文字 お供え
おたぐり 小田巻 落鮎 御田
お出花 落とし芋 落とし蓋 落とし油
鬼殻焼き 大原木(女) 荻の花
おまじり 親子 お蒸し 織部
温泉卵


著者:手前板前 魚山人