和食用語「御田」



御田(おでん)

「田楽」の略称が「でん」、その女性用語が「おでん」

豆腐田楽が徐々に変化して煮込み料理になった。
転じて「煮込み田楽」の略称となっている。

肉類、練り物、いも類、大根、ちくわ、こんにゃく、たまご、昆布などを具に、たっぷりの煮汁でじっくり味を入れていく、煮物とも汁物とも鍋物とも断言し難い料理。

関東では濃厚な汁、関西では薄味の汁であり、関西ではおでんの事を「関東煮」と言う。

しかし今では濃い色の関東煮は蔭を潜め、薄い色の関西風おでんが主役となりつつある。


追肴 追い鰹 桜花真薯 扇串
桜花漬 黄飯 おうな 大草流
大串 大阪漬け 大阪ずし 大星
大村ずし おかあげ おかか お数
岡辺 お亀 陸混ぜ 陸盛り
沖料理 興津鯛 お切込
沖縄料理 小倉 お事汁 御強
お座付き 折敷 お酢文字 お供え
おたぐり 小田巻 落鮎 御田
お出花 落とし芋 落とし蓋 落とし油
鬼殻焼き 大原木(女) 荻の花
おまじり 親子 お蒸し 織部
温泉卵