和食用語「朧」



朧(おぼろ)

海老や白身魚を茹でて身をほぐし、弱火で煎る。

調味は塩、みりん。

細かい朧にするときは当たってから炒る。

食紅で色をつけたものが「田麩(でんぶ)」

おぼろ豆腐

豆乳から作る汲み豆腐。

固まりかけた豆腐をすくい取り、水で洗って水切りする。

これを円形にして葛をはると朧月に見える。

おぼろ昆布

利尻昆布、真昆布の加工品。

酢溶液で柔らかくし、紙状に薄く削ってある。

表面の黒皮部分が「黒おぼろ」

残りの白黄色部分を削ったものが「太白おぼろ」「白おぼろ」

両方混ざっているものを「黒白おぼろ」「むき込みおぼろ」と言う。

関東では主に太白おぼろを使用する。


追肴 追い鰹 桜花真薯 扇串
桜花漬 黄飯 おうな 大草流
大串 大阪漬け 大阪ずし 大星
大村ずし おかあげ おかか お数
岡辺 お亀 陸混ぜ 陸盛り
沖料理 興津鯛 お切込
沖縄料理 小倉 お事汁 御強
お座付き 折敷 お酢文字 お供え
おたぐり 小田巻 落鮎 御田
お出花 落とし芋 落とし蓋 落とし油
鬼殻焼き 大原木(女) 荻の花
おまじり 親子 お蒸し 織部
温泉卵