和食用語「沖料理」

  

沖料理(おきりょうり)

漁師料理である。

港で振舞う「浜料理」に対して、漁師が船上で賄いに食べる料理を沖料理といい、そこから派生した献立のこと。

沖鱠(おきなます)

船上で釣れたての魚をなますにしたのが始まり。
この場合のなますは「生食(刺身)」だと考えてよい。
昆布の味を移す「昆布なます」などもあるが、有名な「たたき」がこの料理の代名詞になっていて、別名「たたきなます」とも呼ばれる。
魚の身を細かく刻み、葱、生姜、茗荷、大葉などの薬味と味噌を加えて混ぜ、さらに包丁で叩く。

沖汁(おきじる)

狭義には新潟県佐渡の沖料理であるが、広義には「漁師風汁物すべて」を意味している。
佐渡の郷土料理である沖汁は、ぶつ切りにした魚を煮て醤油味だけで食べる素朴なもので、魚の鮮度がすべてである。
広い意味での沖汁は味噌味にするのが多い。


追肴 追い鰹 桜花真薯 扇串
桜花漬 黄飯 おうな 大草流
大串 大阪漬け 大阪ずし 大星
大村ずし おかあげ おかか お数
岡辺 お亀 陸混ぜ 陸盛り
沖料理 興津鯛 お切込
沖縄料理 小倉 お事汁 御強
お座付き 折敷 お酢文字 お供え
おたぐり 小田巻 落鮎 御田
お出花 落とし芋 落とし蓋 落とし油
鬼殻焼き 大原木(女) 荻の花
おまじり 親子 お蒸し 織部
温泉卵


著者:手前板前 魚山人