焙烙焼き  

焙烙焼き(ほうろくやき)

焙烙という素焼きの器で蒸し焼きにしたもの。
現在は「ほうろく」と読まれることが多いが、正しくは「ほうらく」と読む。そして焙烙焼きも正確には「焙烙蒸し」 である。

焙烙に塩や松葉などを敷き、その上に魚介類や野菜などを彩り良く並べて蓋をし、天火で蒸し焼きにする。

材料だけ焼いて、焙烙に盛り付けるやり方もあるし、石焼にして、その石ごと盛るなど、様々なやり方が存在する。

以下の2つが著名。

法楽蒸し

紀州白浜の料理。
塩を敷き、貝類などをのせて松葉をあしらい、蒸し焼きにする。

宝楽蒸し

京都四条大橋「ちもと」の料理。
鶏肉、卵、百合根を盛って蒸し焼き。
三つ葉をちらす。

 




Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.