鰻乃慎包丁  

鰻乃慎包丁

読者投稿の包丁画像〔#38〕 

投稿者:鰻乃慎(男)
職業:板前(鰻職人)

皆様、お疲れ様です。

鰻屋さんで修行中の20代前半、この業種では8年目の鰻乃慎です。

おこがましい限りですが、下っ手くそな私の包丁を見てやって下さいm(__)m

今回は初めて握った包丁を投稿致します。
牛刀とムキモノ包丁です。
頂きものなので、だから何?って話ですが、予備知識がありません。
どこの包丁屋さんかも分かりません。
頂いた方のお店の名前が入っておりました。
音信不通で聞く事もできません…



1年半程前、魚山人様のブログに出会うまでは、キングの1000番のみでガシガシ研いで磨く事もなく、酷い有り様で、人間的にも包丁も曲がりまくりでした。


今でも先半分が厚く、ムキモノは端と端が上手く当たっておりません。直し途中です。8年目ですが、ホントは1年目だと思ってます。

現在は、基本は6000番で、5日置き位に2000番。4000番。
仕上げは12000番クリームを使って、それから磨いてます。
現在は2000番までの耐水ペーパーを使ってます。

まだまだ分からない事だらけですので、毎日、愛情だけは込めて磨いてます。

「今までごめんね。」
「いつかは、絶対綺麗にしてやるからね。」
「いつもありがとう。」
「これからも宜しくね。」
等とここ1年程心の中で語りかけております。

せっかく良い包丁を頂いた方にも本当に申し訳なく思っております
「頑張れよ」って送り出してくれた方なんですが。
本当に情けない話です。
牛刀もこんなに小さくしてしまって…ムキモノも先っちょ丸いし…柄の汚れも落ちないし…


ふと、思うんです。
「今まで、どんな研ぎ方をしていたんだろう。」って。
もっと酷い形をしていましたので。

でもまた、来年にもそう思っているのだろうって思うんです。

今の私はこんなですが、魚山人様や鯔次郎様やこちらの諸先輩方を目指し、精進し続ける事。

ぶれずにいれば、きっと成れる筈。

そう思っております。

一生、この包丁達を愛する事だけはやめたくはないと思っております。



鯔次郎様。
愛ある罵倒、嘲笑を宜しくお願い致します。
2012/12/20

Comment
スポンサーリンク








Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.