海外料理人の包丁一式



読者投稿の包丁画像〔#91〕

投稿者:料理人?(42歳)
職業:ホテル(結婚式場)板前→自営 →料理人

はじめまして。仕事に行きずまった時に楽しくホームページを拝見させていただいてます。
時には、とても勉強になり、落ち込んでいる時はやる気を出させて頂いています。

この包丁は私が18歳の時にホテルで働いていた時からの相棒です。

半分は先輩や親方から頂いた物で残りは自分で買った物です。やはり自分で買った物は先輩達にもらった分、自分の後輩達にあげてしまって今、残っているのがこいつらです。流石にもらった包丁はあげられません。

約7年ホテルで勤務をして、28歳で独立、創作和食ダイニングバーをオーナーシェフとして15年経営した後、今は店を閉め海外で料理人の仕事をしています。

柳やタコ引きが多いのはホテル時代に板をやっている時、千人前位刺身を引くのでこの位必要だったからです。

東源正虎、東源一文字正虎、幸梅正國?正本(最近、柄を交換)グレステンなどです。グレステン、正本、以外のブランドは当時、出入りしていた包丁業者が持ってきた物を買いました。何処の誰が作った物か調べたのですが今となってはわかりません。個人的にはとても気に入ってます。もしご存知でしたら教えてください。

私は今まで日々の営業に追われ板前としての自分を見失っていたのですが、今は一人仕事の一人親方、自分の包丁と技を魚山人さんのようにもっと磨いて行きたいと思います。

投稿日:2017年9月20日





Comment