栂尾煮  

栂尾煮

栂尾(とがのお)煮とは、さつま芋の砂糖煮。
大学芋ほどの蜜煮ではなく、ほどよい甘さ。

京都・栂尾の高山寺の精進料理だったとか、祇園にあった『栂尾』という料理屋が創案したなど。そんなふうに伝わっている煮物です。

関連記事:とがの煮

★輪切りにしたさつま芋の皮を厚めに剥く

★剥いた芋を水に晒しアク抜き

★火にかけて一度茹でこぼす

★ひたひたで砂糖煮

★弱火で詰めていく

★木杓子を使い外側を少し崩す

★キントンほど混ぜないが、近い状態にする

★見た目でさつま芋だと分かる程度の形を保つ崩し方です

ホクホクした芋と砂糖の甘い調和、少し粘り気の残る食感。
丸十(さつま芋)なればこその素朴さが良く出ていますよ。










Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.