鯛かぶら  

鯛かぶら

一般的にアラ煮は濃い味で煮ます。
魚の王者である鯛も同様。
しかし旬の春ともなれば鯛の味は別格に。
その旨さを堪能するために、薄味で鯛のアラを味わいたいものです。

★蕪の下ごしらえをします
・大きさに合わせ食べやすい切り方を選び面取り
・水に放してアク抜き
・米のとぎ汁(又は生米を少し入れる)で下茹で
・8分くらい火を通す

★鯛の頭を梨割にする 
鯛兜の梨割り

・中骨も適度なサイズにカット
・空鍋にアラを入れて落し蓋を上に
・その上から70~80度くらいの湯を回しかける
・ボールの水に移し、丁寧にウロコや汚れを洗う

★鍋にアラとカブを入れて水と酒を張って落し蓋

★煮立つまで強火

★沸いたら火加減を調整し「コトコト」加減で煮ていく

★アクをすくいながら鯛の旨味を引き出す

★鯛の目が白くなれば調味

★味醂を入れて数分煮る

★塩、淡口醤油を加えて数分煮る

★香りをつけるためにほんの少しだけ濃口醤油を切る

★火を止める前に生姜汁を絞る

★盛りつけて天盛りに木の芽

※春の山菜などを青みとして添えるといいでしょう
下処理して煮上がる直前に加えます










Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.