おろし煮  

おろし煮の作り方

おろし煮は「煮おろし」とも呼び、煮汁に大根おろしを加えて煮るものです。大根おろしは様々な効果があり、消化を助け、臭みを抜いたりします。脂の多い魚や、クセのある青魚などをさっぱりとした煮物にしてくれます。

この煮物は特に青魚に向いているのですが、青魚はどちらかというと身が柔らかで煮崩れやすいもの。なので、一度揚げてから煮ることが多くなります。

★カットした魚に粉(小麦粉)をまぶして高温で揚げる(180度)

★煮汁を作り沸騰させる
(出汁ベースの薄味)

★そこに揚げた魚を入れて5分ほど煮る

★大根おろしを加える

★再び煮立てば出来上がり

※大根おろしはザルや巻き簾などで水気を切っておく

※余った唐揚げや天ぷらを活用してもいいでしょう。
時間が経った揚物は油が酸化しているのですが、この煮方をすれば余分な油を分離できますし、大根によってくどさも緩和します。










Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.