フルーツの「食べ頃」  

フルーツの「食べ頃」

果物の食べ頃は二通りあります。

・新鮮なものを即食べる
・「追熟」させてから食べる

買ってきたのをすぐに食べた方が良い物の代表はイチゴ。
それにリンゴやスイカや梨などですね。
こういう果物は家で追熟できないからです。
買ってきたらすぐに食べたい。

逆に、すぐに食べると美味しくない果物の代表はバナナ。
青味が入った黄色の状態で売られているのが普通だからです。

※青いまま輸入され、エチレンガスで黄色く追熟して出荷される。
が、熟し過ぎないように調整しているので、家庭でも追熟が必要。

見た目は黄色くて綺麗なので美味しそうなんですけどね。
お味はイマイチなんです。

バナナが美味しいのは、「見た目が悪くなった時」
こんな感じの黒い斑点だらけになってからです。

買ってきたらヒモで吊るして熟すまで待ちましょう。
(圧がかかった部分が腐るので、吊るした方がいいのです)

※ジュースにするなら、剥いて冷凍にした方が良いです

青っぽいアボガド、固いメロンやキウイ、パイナップル。
このような物もやはり家で熟すのを待ってから食べます。

・キウイは洋なしとかリンゴと一緒にポリ袋に入れて追熟すると早い

・パイナップルは逆さまにして置いておく
(下のほうが先に熟して行くからです)

※ほとんどのフルーツは冷凍可能です
冷凍する場合は完全に熟したものに砂糖をまぶして。
砂糖をまぶせないブドウはばらして袋に入れてそのまま冷凍に。










Copyright © 2017 手前板前. All Rights Reserved.